最期は家族での時間を大切に~家族葬の葬儀社~

HOME > 家族葬の豆知識 > 家族葬が増える理由はたくさんあります

家族葬が増える理由はたくさんあります

 古くからの風習として行われているものに、葬儀があります。
 この葬儀とは、葬送儀礼の略であり、亡くなった人を送り出すお葬式、法要などの儀式が終了するまで、その一連の流れを示すものとされています。
 その葬儀には多くの意義があり、まずは社会的な処理として、遺族や関係縁者たちによって死の確認となり、更には公的機関等への続きが行われることになります。
 そして遺体の処理と言うことで、日本では火葬と言う手段が用いられています。
 更には、心理的なことである悲嘆の処理です。
 近しかった人が亡くなることは、残された人にとって悲しみや心の痛みを持つことになります。
 葬儀を行うことで、悲しみを表出させ、少しでも癒しを覚えることで、心の痛みを軽くすることになるとされています。
 そこには、宗教的な処理として、現世から来世に送り出す必要があるとされることがあります。
 これらの処理を行うことで、残された人が、亡くなった事実を受け止め、心の回復をして行くことに向うことが出来るとされています。
 

 この葬儀の形として、昭和の時代までは個人葬と呼ばれ、多くの人に見送ってもらうことが当たり前でした。
 しかし時代も変わり、平成の今となっては、葬儀の主流が家族葬と言うごく少数で行うものとなって来ています。
 家族葬と言う葬儀に関して、特別な決まりがある訳ではありません。
 出席する人が、家族・親族、そしてごく親しくした人など、数を出来るだけ少なくして葬儀を行うものを家族葬と呼んでいます。
 家族葬を行なうメリットとして、費用が抑えられることです。
 少人数で行うことで、小さな会場を用意するだけで良い訳ですし、通夜にかかる食事などの費用も少なく済むことになります。
 更には、見栄を張って大きな祭壇にする必要もありません。
 遺族が納得の行く形での葬儀を行うことが出来るのも、家族葬と言うことになります。
 

 少ない人数だからこそ、落ちついた葬儀を行うことが出来、最後までじっくりとお別れが出来ることにもなります。
 そこには、遺族にとって故人が望む好きな形の葬儀も、行われるようになって来ています。
 家族葬と言われる小さなお葬式が多く行われるようになった理由のひとつに、高齢化社会があると言われます。
 亡くなられる年齢が高くなっており、その場合社会生活から離れて時間が経っている人も多くなっています。
 そのためお付き合いをする人も少なくなり、葬儀に呼ぶ人の数も少なくなっていることも上げられます。
 また近所付き合いも、昔ほどなく、葬儀に来て頂くような人も少なくなっているのも、参列される人が少なくなって来ている理由と考えられます。
 更には、残された遺族も一緒に住むことが少なくなっており、葬儀にかける時間が少なくなっていることも、現実なのでしょう。
 

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP