最期は家族での時間を大切に~家族葬の葬儀社~

HOME > 家族葬の豆知識 > 家族葬のメリットと注意点について

家族葬のメリットと注意点について

 従来の葬儀は、多くの会葬者を招いて大規模に行うものでしたが、最近では小規模スタイルの葬儀である家族葬の需要が高まっています。
 特に都市部では主流になっているとも言われており、現代の価値観や事情に合った葬儀スタイルとして広く受け入れられていると言えるでしょう。
 そもそも家族葬とは、文字通り家族を中心とした身内だけで行われる葬儀のことを指します。
 会葬者として呼ぶ範囲は、家族だけに限定するという場合から親族や友人・知人を加えて行う場合まであり、いずれにしても一般的な葬儀と比べると小規模になるのが大きな特徴だと言えるでしょう。
 とはいえ、家族葬は比較的新しい葬儀スタイルであるため、実際どのようなものなのか分からないという人も多いでしょう。
 ですのでここでは、家族葬のメリットや注意点について分かりやすく紹介します。
 

 家族葬のメリットとしては、ゆったりとした雰囲気でお別れができるということがまず挙げられます。
 一般的に行われる大規模な葬儀では、大勢の会葬者への対応をしなければならないため、気を休める暇がないということも少なくありません。
 しかし家族葬のように小規模な葬儀であれば、親しい方たちだけで行えるため、気分的にもゆったりとすることができます。
 次に挙げられるメリットは、費用が抑えられるということです。
 家族葬は会葬者の人数が少ない分、一般的な葬儀と比べて費用を安く抑えることが可能です。
 一般的な葬儀の本体費用は100万円程度かかりますが、家族葬の場合はその半分の50万円程度が相場です。
 そして本体費用だけでなく、通夜で振る舞われる料理の費用である飲食接待費用に関しても、人数が少ない分安く済ませることができます。
 ただし小規模な葬儀では香典収入も少なくなるため、その点は考慮する必要があるでしょう。
 

 家族葬の注意点としては、親族の理解が得られない場合あるということがまず挙げられます。
 需要が増えているとはいえ、家族葬は比較的新しい葬儀スタイルであるため、一般的な葬儀をイメージしている方からすると違和感があるという場合もあります。
 ですので、そうした懸念が有る場合は、よく親族と相談した上で決めることが重要になるでしょう。
 次に挙げられる注意点は、葬儀後に弔問に訪れる方の対応をしなければならない場合があるということす。
 家族葬は、会葬者を限定してしまうため、参加したくてもできないという方が後日弔問するために自宅へ訪れるというケースが珍しくありません。
 ですのでそのことをあらかじめ想定しておくことが重要ですし、事前に説明を行うなどして十分理解を得ておくことも必要になるでしょう。
 

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP