最期は家族での時間を大切に~家族葬の葬儀社~

HOME > 家族葬の豆知識 > 家族葬のメリットや注意点について

家族葬のメリットや注意点について

 葬儀というと大人数で行う従来のスタイルを思い浮かべる方が多いでしょうが、最近は従来のものとは違う新しいスタイルの葬儀がいくつか出てきています。
 そして都市部で主流となっている新しいスタイルの葬儀として家族葬と呼ばれるものがあります。
 家族葬というのは、文字通り家族を中心とした親族や友人、そして知人などのごく親しくしている方たちだけに会葬者を絞って行うという小規模なスタイルの葬儀のことを指します。
 実際の会葬者の人数に関しては、数名程度のごく小規模な場合から、30名程度というやや多めの場合があると言えます。
 こうした小規模スタイルの葬儀の需要が増えた背景には、葬儀に対する価値観やライフスタイルの変化、そして故人が高齢のため付き合いが少ないというケースが多いことなどがあると言えるでしょう。
 

 家族葬のメリットとしては、まずアットホームな葬儀が行えるということが挙げられます。
 身内などのごく親しい方たちだけに会葬者を絞っているため、あまり気を遣う必要がありませんし、大規模な葬儀のようにさまざまな会葬者の対応に追われることもないため、ゆったりとした式を行うことができるでしょう。
 それに、身内だけの式なので、従来の形式にこだわることなく自由な式にするこもできるというメリットもあると言えます。
 さらに家族葬のような小規模な葬儀では、費用面でもメリットがあります。
 葬儀費用というのは、会葬者の人数によって左右される傾向にあるため、小規模な葬儀は人数が少ない分費用を安く済ませることが可能です。
 葬儀本体費用に関しては、従来の大規模な葬儀の半分程度の費用である50万円程度で済ませることができますし、飲食接待費用に関しても、人数が少ない分安くできます。
 

 一方で家族葬の注意点としては、親族などの周りの方に理解が得られない場合があるということが挙げられます。
 家族葬は比較的新しいスタイルの葬儀であるため、本来お呼びする方を呼ばないということに対して違和感を持たれる方もおられるので、事前に相談をするなどして理解を得ておくことも重要になります。
 そして家族葬は会葬者を限定するため、葬儀に呼ばれなかった方が、後になって自宅へ弔問に訪れるというケースが珍しくありません。
 ですので、そのこともある程度想定した上で家族葬を選ぶことも必要だと言えるでしょう。
 また、家族葬は規模が小さい分費用も安く済みますが、同時に香典による収入も少なくなってしまうため、あまり香典収入をあてにしないで予算を考えることも必要になると言えるでしょう。
 

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP