最期は家族での時間を大切に~家族葬の葬儀社~

HOME > 家族葬の豆知識 > 家族葬の費用相場や費用を安く抑える方法について

家族葬の費用相場や費用を安く抑える方法について

 家族葬は、身内だけに参列者を限定する小規模な葬儀スタイルのことであり、葬儀に対する価値観の変化などもあって最近需要が高まっていると言われています。
 そこで気になるのは家族葬にかかる費用の相場でしょう。
 一般的な大規模に行われる葬儀の場合は、総額で200万円程度かかるのが普通だと言われていますが、家族葬の場合は総額で100万円を少し超えるぐらいが相場だと言われています。
 ですので、費用を節約したい場合にも家族葬は向いていると言えるでしょう。
 そして家族葬にかかる費用の内訳は、葬儀一式費用と飲食接待費用、寺院費用の主に3つの項目に分けることができます。
 この内、葬儀一式費用は、葬儀に必要な物品や葬儀場費用、火葬料などが含まれた費用であり、40万円~60万円程度かかるのが相場になります。
 

 家族葬の費用を安く抑える方法としては、先ほど紹介した飲食接待費用を抑えるという方法があります。
 飲食接待費用は、通夜の際に出す料理や、告別式の後に出す精進落としの費用などのことであり、参列者の人数によって金額が変わります。
 ですので、一般的な大規模な葬儀に比べると安くなるのですが、さらに費用を抑えたい場合は、最初から飲食を用意しないという方法もあり、それなら飲食接待費用自体がかかりません。
 家族葬の場合は参列者が身内だけなので、飲食を出さないという判断も可能だと言えるでしょう。
 そして寺院費用に関しても、菩提寺を持っていないような場合であれば、読経などの儀式を行わないという無宗教式にすることによってその費用を抑えることが可能です。
 なので、これらの飲食接待費用と寺院費用をほとんどかけないで行うことができれば、葬儀一式費用だけで済ませることもできると言えるでしょう。
 

 家族葬は一般的な葬儀よりも費用を安く抑えられるというメリットがありますが、その費用に関して注意しておきたいこともあります。
 それは香典による収入が少ないということです。
 一般的な大規模な葬儀は、参列者の人数が多いため香典も多く、その収入によって葬儀費用が大幅に軽減できる場合があります。
 しかし家族葬の場合は、参列者の人数が少ないため、香典による収入も少なく、葬儀費用の負担軽減がしにくくなります。
 そして、収入と支出のバランスによっては、家族葬を選んでも一般的な葬儀の費用とあまり変わらなかったり、逆に高くなるという場合もあるため注意が必要です。
 なので、家族葬を選ぶ場合は、香典収入があまり見込めないということを前提にした上で予算を考えることが重要になると言えるでしょう。
 

カテゴリ

PAGE TOP