最期は家族での時間を大切に~家族葬の葬儀社~

HOME > 家族葬の豆知識 > 家族葬を行う際にマナーやメリット

家族葬を行う際にマナーやメリット

 家族や親族などに限定して小規模で行う葬儀の事を家族葬と呼び、最近では家族葬を選んで葬儀を行う人が多くなっています。
 家族葬を選ぶ人が増えている理由としては現代の価値に合っている感じる人が多く、小規模で葬儀を行う事を効率的であると考える人が増えているからです。
 自分の葬儀を家族葬のような簡易な形式で良いと考える人も多くなっており、葬式では家族が見ていてくれれば良いと考える人も増えています。
 遺言状などに葬儀は家族だけで行ってほしい事を記載していたり、亡くなる寸前に家族葬でかまわないことを遺族に告げるケースも多くあります。
 葬儀を盛大に行う事によって費用が嵩んでしまい遺族に迷惑をかけてしまうと考える人も増えているので、安い費用で行う事が出来る家族葬が人気になっています。
 

 葬儀を行う為に必要になる費用は全国平均で121万円であるとされていますが、香典で賄う事ができないケースもあります。
 小規模で行う家族葬の場合には葬儀費用を大幅に抑える事が出来るので、香典だけで葬儀費用を賄う事ができます。
 飲食費や返礼品に必要になる費用や接待にかかる費用などが不要なので、総合的に安く葬儀をする事が可能になります。
 一般的な葬儀の際には多数の参列者に気配りをしながら対応する必要があり、故人との別れを惜しむ事に専念する事ができない可能性があります。
 気心の知れた家族だけで葬儀を行えば遺族の気持ちの負担を軽くする事が出来ると共に、家族での時間をゆっくりと取る事で故人との別れに向き合えます。
 親しい人だけで行う家族葬では自由な内容によって葬儀をする事ができるので、故人が趣味で作成した物を展示したり好きな曲を流したりする事ができます。
 

 家族葬を行う際に注意する点として訃報を知らせる相手にはしっかりと故人が亡くなったことを伝える事が大切です。
 故人の兄弟姉妹に知らせたり年賀状を使って故人の親しかった友人の存在を確認するなどして、大切な人に声をかける事を忘れないように注意が必用です。
 参列者が多くなってしまうようであれば一般葬を選んだ方が良いケースもあるので、どれくらいの人数が集まるのかを確認する事が大切です。
 亡くなったことを知らせる事無く家族葬を行った場合には葬儀が終わった後に、近しい人には事情を書いた挨拶状で理解を得る事が大切です。
 葬儀が終わってから数日して弔問に訪れる人もいるので、急な来客に対応する事ができるように自宅に会葬返礼品を準備しておく事も必用です。
 どれくらいの費用が必用でありどのような手間がかかるのかをあらかじめ確認しておいて、家族葬と一般葬のメリットを比較しておく事が重要です。
 

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP