最期は家族での時間を大切に~家族葬の葬儀社~

HOME > 家族葬の豆知識 > 家族葬を選ぶメリットとは一体何かについて

家族葬を選ぶメリットとは一体何かについて

 葬儀といえば一般葬で、故人と縁のあった多くの人が参列するのが当然と考えられていたのは、一昔前のことであり、近年では大規模な葬儀は望まないという人が増えました。
 それだけではなく、高齢化により葬儀に参列できる人が減ってきていて、そもほも大規模にする必要がないというケースも珍しくはなくなりした。
 そのことから需要が高まっているのが、家族葬です。
 家族葬といっても家族しか参列できないというわけではなく、最後の別れの時間を本当に故人とともに過ごしたいという人で、遺族から希望された場合などには参列することができるようになっているのも良い点です。
 家族葬は、人数も少なくなるのでアットホームであり、挨拶をしたりする精神的な負担も軽減させることかできるというのも大きな特徴となっています。
 

 家族葬の良い点は、アットホームというだけではありません。
 規模が小さくなる分、葬儀に必要となるトータル費用が抑えられるという利点があります。
 遺族や親族、本当に親しいごくわずかや友人など本当に近しい関係者のみの少人数で行う葬儀となっていることから、豪華な祭壇や会葬者への香典返し、通夜振る舞いなどの食事といった高額な負担がなくなるので、トータル費用が安くなるのは当然のことではないでしょうか。
 もちろん家族葬でも、内容を豪華なものにしていくことは可能であり、オプションを追加していって豪華な内容にすることもできます。
 必要な部分にはお金をかけて、不要な部分にはお金をかけないようにするという、自由度が高いというのも家族葬だからこそと言えることは間違いないのではないでしょうか。
 

 家族葬となれば事前に周囲から理解を得ておくことが必要ということは、頭に置いておくようにしましょう。
 事前に訃報で家族葬にするということを伝えた場合でも、当日には参列させてほしいという人がやってくることもあり、そうなれば対応に追われることになります。
 だからと言って周りに伝えておかないと、後々知った親戚や友人、知人からなぜ伝えてくれなかったのかと批判されてしまい、予期せぬトラブルに発展してしまうこともあります。
 家族葬にする場合には、周りからの了承は得ておくようにしましょう。
 参列したいと希望する人が多い場合には、後日お別れの会や偲ぶ会を開くのかということも考えておくべきであり、家族葬を依頼する業者を選ぶ際には、そういったことも相談に乗ってくれる業者にしておくと安心です。
 

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP